中古オフィス家具の販売店【ミハト商会】 

オフィス家具の専門店「ミハト商会」です。高価な役員家具中古オフィス家具を中心に販売しています。
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
商品詳細

極上 matteograssi マテオグラッシ 総革張り 高級応接セット 4点set






       高級応接4点セット
  (イタリア Matteograssi 総革張り応接セット)

メーカー:Matteograssi / イタリア

「1人掛けソファ」
型番:不明
新品販売時のメーカー希望小売価格:不明(推定35〜45万前後?)*2
サイズ:W970(680)  D750(560)  H750(420)

「2人掛けソファ」
型番:不明
新品販売時のメーカー希望小売価格:不明(推定60〜70万前後?)
サイズ:W1680(1380)  D750(560)  H750(420)

背・座:革張り(バックスキン)
背裏:スチールフレーム、スチールパネル(ホワイト)

「センターテーブル」
型番:不明
新品販売時のメーカー希望小売価格:不明(推定25〜35万?)
サイズ:W1020  D630  H400

天板:ガラス天板
フレーム:スチールフレーム、スチールパネル(ホワイト)

デザイナー:押野見邦英

特徴
1.イタリアの家具メーカー、「Matteograssi」社の、総革張りの応接セットです。
  日本人デザイナー押野見邦英の手がけたソファーセット「K・O」ソファーセットのご紹介です。

  アームソファー2点、ツインソファー1点、センターテーブル1点の、計4点セットになります。

  北イタリアのロンバルディア州に本拠を構えるマテオグラッシ社は1880年に革職人のマテオグラッシ氏が工場を開き、馬具製造を開始したのが始まりといわれています。
  1950年〜1970年に革加工の技術を他社の家具に適用し始めて以来、家具業界に参入、堅牢な革を作り出す技術CUOIOは、他社に追随を許しませんでした。
  1978年に本格的に自社家具の製造に着手、以降格別の技術や品格を保つ同社のデザインは、セレブをはじめとする多くの企業に受け入れられてきました。
  その高い質感を持って作られた家具の数々は、ヨーロッパを始め、世界各国に販売されています。

  非常にボリューム感が有り、高いクオリティーです。
  背、座、側面と全体に総革張りの品ですが、背座、ともに1枚の革を使用、高級感があります。
  
  革地は通常大きな革を使おうとすると、傷やシミ、擦れなど多くの難問が立ちはだかります。
  大きな1枚の革をなめす場合、数百枚、数千枚の革の中から選りすぐりの1枚を選ばなければなりません。
  そのため、1枚の総革張りの応接セットを作る場合、多額のコストがかかってしまいます。

  しかしながらこの応接セットは、豪華な1枚張りの革地を複数の面に使用し、非常に豪華な作りです。

  特にバックパネルをアクセントとし、革とスチールの2つのマテリアルが合わさっている姿はアクセントがあります。

  センターテーブルも同シリーズのもので、統一感があります。

  存在感のある応接セットです。
  ゆったりとしたサイズと快適な座り心地を併せ持つ逸品です。
  お客様との打ち合わせにおすすめです。
  クッションもへたりの少ない、高級な素材を使用していますので、とても座り心地はよいです。
 
  メーカー価格は不明ですが、私見でおそらくセットで150〜200万円程度の価格がついているものと思われます。
  新品で購入すれば高価な一品です。この機会にご検討いただければと思います。

2.状態ですが、外資系企業の役員室で使われていたセットです。
  ほとんど使われることない部屋に、使用されていたため、全体的に良好な状態です。
  
  ただし1点、長期間保管されていたためか、全体的に薄く色落ちされています。
  全体まんべんなく色落ちしているのですが、座面のクッションを取り外した際に元の色時と境目が出来ていたため、判明しました。
  その点ご了承くださいませ。
  それ以外は気になるところもなく、ご納得の状態です。

  全体的に使用感はほとんど感じられず、革地は良好な状態です。
  肘部も気になる擦れ等なく、きれいな状態を保っています。
  しかしながら商品保管時や、搬出の際についた擦り傷や商品搬出時についたすれ等、わずかに見られます。
  特に気にならないかと思いますが、ご了承下さいませ。

  テーブルも同じくセットで置かれていた品です。
  状態も全体的に使用感少なく、ご納得の状態です。

  詳しい状態は写真を参考にお願いします。

3.大型商品のため、通路の計測をお願いします。
  梱包はかなり大きくなりますので、取りに来られることをおすすめします。
  荷下ろしの際はドライバー1名のため、最低2〜3名お手伝いお願いします。
  1階玄関口までの対応です。

  近県の場合、ご希望の場合はチャーター配送いたします。
  直接の配送のため、運送事故も確率が少なく、安全に配送できます。
  チャーター料金は埼玉¥20000、その他関東¥25000〜となります。

中古品です。非常にきれいな逸品です。
新品の品と比べても、それほどそん色ないセットと思います。
企業の役員室で長期間(話によると7〜10年?)使用さている品ですが、あまり使用頻度が高くなかったためか、全体的な使用感程度で、ご理解の範囲と思います。
長期間使用されていたためか、全体的に若干、色落ちしています。
全体的な色落ちなので、気になる事はないと思いますが、ご了承くださいませ。

肘の革の状態もよく、使用頻度の少なさがうかがえます。

とはいえ、中古として座面に若干の皺、肘先や足下に若干の擦れ等、わずかに使用感は見られます。
気になる程のものは特にございませんが、ご了承下さいませ。

センターテーブルも若干の使用感程度で、ご納得の状態です。

詳しい状態は写真を参考にお願いします。

■マテオグラッシ社
マテオグラッシ社の歴史は北イタリア・ロンバルディア州のブリアンザにある小さな町、マリアノコメンセにて革職人の名工と呼ばれた主人、マテオグラッシ氏が1880年に工場を開き、馬具の製造を開始したのが始まりです。グラッシファミリーは、その職人技を農業経済の発展に貢献する解決策として提案していき、農業の需要を満足させる能力により、経営を軌道にのせました。
1950年代から70年代まで、長年にわたる洗練された鞍を造り出す経験から培った堅牢な革“CUOIO”の加工技術を他社の家具のパーツにも適用するようになり、ほとんどの名高いファーニッシング企業が顧客に含まれるほどの信頼を得るようになりました。
この仕事を手掛けるようになってからは、デザイナーや設計者と共に注文に対応していき、グラッシファミリーは格別の技と品格を保ちながら、デザインに対しても情熱を傾けてきたのです。
そして、1978年いよいよマテオグラッシ社の設立により、自社独自の家具のラインを創造することになりました。
100年もの歴史を重ね、マテオグラッシ社の商品はドバイ、キエフ、ローマ、パリ、アテネ、北京そしてジャカルタなどの国際空港でも見られるようになりました。これまで培ってきた知識と経験をもとに、現代のニーズに合わせテイストを掌握し、経済の変化に巧みに適応する生産力を持つ職人たちによって今日の未来的な空港が結びついたのです。

■押野見邦英(おしのみ くにひで、1941年- )
日本の建築家。おもに鹿島建設設計部で活躍。1969年、最高裁判所設計競技で岡田新一の下、チーフとして案をとりまとめ、1等当選に大きく貢献する。

横浜国立大学在学中に、別にデザイン学校に通っていたという。1965年大学卒業と同時に、母校の助手をつとめた後に鹿島建設に入社。同社で担当した建築作品は、1972年の愛知医科大学校舎、1974年の大正製薬総合研究所、1978年の八重洲ブックセンター、1983年の囲いの家、1985年のタグボート・ビル、赤坂ノアビルなど、その他代表作にhhstyle.com/sleep(青海1丁目パレットタウン内)がある。

商品番号 matteograssi
商品名 極上 matteograssi マテオグラッシ 総革張り 高級応接セット 4点set
定価
販売価格 259,200円
税別価格 240,000円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 大型1000k
在庫数

数量: